読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memories

蔵出し好きなものアーカイブ

Vince Clarke(ヴィンス・クラーク)の才能があふれ出るDepeche Mode・Yazoo・Erasure・VCMG

80年代ニューウェーブ(海外)

Vince Clarke時代のDepeche Mode

私がDepeche Modeを聴いたのは1980年だか1981年あたりで、エレクトリックサウンドにポップメロディーが素晴らしく、当時たくさんいたエレポップグループとは一線を画くしていた。

 

当時はこんな感じ


Depeche Mode - New Life (High Quality 1080p)

 

よくこの2人が組んだと思ったYazoo

すっかりDepeche Modeファンになったあと、とっても気になる音を発見。

エレポップのメロディーも良いのに、この独特のボーカル!

それがYazoo

なんだこれは?

と思ったら

なんとDepeche Modeを脱退したVince ClarkeがAlison Moyetと組んで作ったグループだった。

 

Yazooといえば、Only Youが有名だけど、こっちのほうがAlison Moyetと組んだ良さがでてると思う”Don't Go”

youtu.be

一応Only You

youtu.be

しかしアルバム1枚でここも解散

 

Andrew Bellと組んでのErasure

次に始めたのがErasure

Erasureの音を最初聴いたときに

”あれこれVince Clarke? またグループ変わったよね!”

と、ここまでくると予想内。

 

youtu.be

そして現在

2011年にMartin GoreとVCMGとしてリリース。

Martin Goreは元Depeche Mode

とはいえDepeche Modeとも違う、ダンサブルな音で、こういう方向にもなるんだな・・・

と思える。

youtu.be

まだまだいろいろやってくれそうで期待できる。

 

 

Ssss
Ssss Vcmg

EMI Import 2012-03-08
売り上げランキング : 175481


Amazonで詳しく見る